MENU

シミウス、口コミと効果の危険性

 

あれ、痛い?!マッサージの時に痛みを感じる原因とは

 

さあ、いよいよシミのない美肌を目指してシミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージです。

 

…あれ?ちょっと痛い?そう、お顔のマッサージの時に痛いと感じることがあるのです。

 

せっかく張り切ってお手入れをしようとしているのに痛みがあっては気分が下がってっしまいますね。

 

それに何か肌が良くない状態なのかと不安もあるでしょう。

 

痛い時って、お肌になにが起こっているのでしょうか。

 

まず考えられるのは「顔凝り」です。

 

えっ、顔も凝るの?!とびっくりされるかもしれませんが、顔も凝るのです。

 

仕組みは肩凝りなどと同じく、血行が悪くて筋肉が硬くなってしまっていること。

 

押すと「痛気持ちいい」感じだったり、ちょっと硬く凝り固まったようなものを指先に感じたら「顔凝り」です。

 

長い間のデスクワークやスマホ、不規則な生活など、凝る原因は身に覚えがある人が大半なのでは?この場合は毎日優しくマッサージを続けてみてください。

 

力が強すぎるとシワやたるみやシワの原因となってしまうので、優しく滑るようにマッサージするのが重要です。

 

それによって少しづつですが凝りは改善されていきます。

 

だんだんお肌が温かくなって血行が良くなってくるのが実感できるかと思います。

 

すぐに凝りが解消というわけにはいきませんが、継続することで痛みも軽減されていきます。

 

そしてもう一つ、痛みの原因として考えられるのは「顔と指とが擦れて痛い」「マッサージの力を入れすぎている」という場合です。

 

これはこのまま続けているとお肌を傷めてしまいます。

 

もったいないからとジェルをケチって少ししか使わないと、肌と指の間に摩擦が起きて擦れてしまい痛みを感じます。

 

ジェルはマッサージの際、潤滑油の役割も果たしますので「お手入れガイド」を参考に適当な量を使うことが大切です。

 

乾燥肌が気になる人は通常より擦れることが多いので、少し多めのジェルを使うようにするとより安心です。

 

力加減に関しては「顔凝り」の時と同様ですが、優しく優しく、顔を包むようにマッサージしてみてください。

 

強い力になれていると物足りないと思うかもしれませんが、お肌はとてもデリケートだということを忘れずに。

 

さあ、痛みの原因はお分かりになりましたか?以上を踏まえたお手入れで、美肌に一歩近づきましょう。

 

 

シミウスでマッサージしましょう

 

さあ、ではマッサージしてみましょう。

 

購入するとお手入れガイドがついてきますから、見ながらするといいですよ。

 

大丈夫。

 

すぐに慣れます。

 

(1)耳の下のリンパ節を、指で押します。

 

  だんだんと柔らかくなってくるのがわかりますよ。

 

(2)次はフェイスライン。

 

あごの下から耳の下へ向かって、皮膚をのばしていきます。

 

(3)グーで、ほほの下側をほぐします。

 

  グリッ、グリッ。

 

ゆっくりとほぐしていきます。

 

  これを、右のほほ、左のほほ、と交互に行います。

 

  血流がよくなって、ほほが温まってくるのが実感できますよ(4)次は顎関節。

 

あごを開く関節です。

 

ほほ骨のうしろにある関節ですね。

 

  これを円を描くように、まーるく、まーるく、ほぐしていきます。

 

(5)最後は、鼻の横からほほ骨に向けて、ぐーをスライドさせていきます。

 

  これでおしまい。

 

どうですか。

 

顔が軽くなったような、すっきり感が得られたでしょう?初めのうちは、とまどうかもしれませんが、すぐに慣れます。

 

お手入れガイドを見ながら、気軽にチャレンジ!ぜひやってみてください。

 

 

目元のケアはできるのでしょうか?

 

年齢が特に表れやすい目元のシミやシワは、本当に気になってしまいますよね。

 

それなのに「目元へのご使用は避けてください。

 

」なんて書いてある化粧品が結構多いんです。

 

一番ケアしたい場所なのに困りますね。

 

そもそも多くの化粧品が目元に使えない理由は何なのでしょうか?目の周りはとってもデリケートな部分で外からの刺激に弱いんです。

 

皮膚の表面には「角質層」が含まれていて、これが外からの刺激からお肌を守ってくれているのですが、目の周りの皮膚の厚みは他の部分と比べて「4分の1」から「10分の1」しかない為、角質層も薄いんです。

 

そのためバリア機能がより弱い目元にお顔全体に使う化粧品を使ってしまうと、強い刺激となってしまい肌荒れの原因となってしまう場合があるんですね。

 

だから、多くの化粧品が目元には適していないんですね。

 

では、メビウス製薬のシミウス ホワイトニングリフトケアジェルはどうなのかというと公式ホームページを見て頂くと、目元をマッサージしている写真があります通り、指の腹で目元をくるりとマッサージしてきちんとケアして頂く事が可能です。

 

お肌に負担をかけないとても優しい化粧品で、敏感肌の方大勢愛用しているんですよ。

 

ただし、目元のお肌はとってもデリケート。

 

力を入れすぎないように優しくマッサージしてあげてくださいね。

 

 

実際に使ってみた感想。

 

蓋を開けると、スパチュラが付いていて一安心しました。

 

オールインワンゲルやクリームで、たまにスパチュラの付いていないものがありますが、指を直接入れてしまうと雑菌の繁殖の原因になり、とても不衛生です。

 

こういう気遣いが嬉しいですね。

 

さて、ゲルのテクスチャーですが、オールインワンゲルに多いタイプのトロっとした感じではなく、シミウスホワイトニングリフトケアジェルは固めのテクスチャーで、弾力があります。

 

肌に伸ばしてマッサージしてみると、なめらかで肌の上で良く伸びます。

 

伸びが良いのでつっぱることもなく、マッサージ中肌が乾いてしまうなんてこともありません。

 

今まで使ってきたオールインワンジェルは、マッサージ中や使用後のメイク中に、ポロポロとカスのようなものが出てきてしまことが多々あったのですが、さすがシミウス。

 

マッサージジェルとして作られただけあって、カスも出てこないし、乾くこともなく、マッサージ中の使用感がとても良いです。

 

「お手入れガイド」というマッサージ方法が詳しく載っているものが付いてくるので、ガイド通りマッサージすることをおススメします。

 

だんだん顔のムクミ感が取れていくのが実感できると思います。

 

マッサージ後、鏡で自分の顔を見てみるとビックリ!マッサージ前より全体的にすっきりとし、顔色も良くなっています。

 

一回でシミが薄くなるわけではありませんが、保湿されて肌に艶が出たことで、肌がワントーン明るく見えている感じです。

 

マッサージ後すぐにメイクをしてみましたが、オールインワンジェルにありがちなポロポロ、モロモロのカスも出ず、これなら安心して毎朝晩使えます。

 

メイク前にも、オヤスミ前にも使えるシミ対応のオールインはなかなか貴重なので、良いものと出会えて本当に良かったです。

 

 

うっかり!日焼けした後シミウスは使っていいの?

 

曇りの予報だから紫外線対策をしなかった。

 

そんな日に限って晴天だった経験はありませんか?そんなつもりではなかったのに日焼けをしてしまったとき、シミウスでマッサージはしていいのでしょうか。

 

そもそも、日焼けすると肌はカラカラに乾燥して砂漠のような状態になっているんです。

 

また、日光の暑さでやけどをしていると言っても過言ではないほど肌はダメージを受けている状態。

 

肌は強いダメージを受けていると外部からの刺激に対して敏感になっているので、いつものスキンケアで荒れてしまうこともあります。

 

以上のことから分かるように、日焼けした日のシミウスのマッサージは絶対にNG!日に焼けてしまうと焦ってすぐにでも美白ケアをしたくなりますが我慢してまずは応急処置をしましょう。

 

正しい日焼け後の応急処置は、とにかく保冷材などで肌を「冷やす」ことです。

 

肌がやけどをして熱を持っている状態なので、冷やすことでダメージを最小限に抑えることができます。

 

そして冷やしたあとはたっぷりと保湿してあげてください。

 

このとき、ホワイトニングなどの成分が入ったスキンケア商品ではなく敏感肌用などお肌に優しいものを使ってくださいね。

 

お肌をいたわってしっかりと日焼けのダメージを修復することが第一に行うべきことですので、まずはきちんとアフターケアをしてあげましょう。

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ